健診の医師はブランクがあっても大丈夫?

健診医師求人TOP >> FAQ >> 健診の医師はブランクがあっても大丈夫?

健診の医師はブランクがあっても大丈夫?

毎年一般健診を行っているのに意外な内臓疾病は胃カメラや大腸カメラを飲んで見つかったなど、毎年の健診であっても本当の意味で健康を維持するためには決してパーフェクトな方法とは言えません。 それでも健診を行ってくれる医師が居るからこそ、日本人は最低限の健康を維持できるわけです。そんな健診医師ですが、医師としてのキャリアにブランクがあったとしても十分に活躍できるのでしょうか?

医師と言うのは医師免許を取ってからの外来診断や臨床経験が非常に重要で、何らかの理由でキャリアを中断しブランクが出来てしまった方は継続的にキャリアがある方よりも不利であるのは間違いありません。また、基本的にブランクのある医師と言えば女性医師がやはり多くなりがちで、そのほとんどの方が子育てなどの過程におけるやむを得ない事情が原因であることが一般的になります。

それでも、健診医師は多少のブランクがあっても復職出来る可能性が非常に高い職種と言えるでしょう。これは最近の医療機関について、長期的な医師人材を確保するために研修制度を設けていることも最近では珍しくはないからです。

ただし、未経験での健診医師としての復職になっていくのであれば、やはり前職までの医師経験にて内科医としての経験を持っていることで非常に有利になって行くことでしょう。その理由として、健診の仕組みが内科治療のやり方を元に進められていくからになります。 また、職場によってはブランクを持つ医師を受け入れる体制を持っていても、内科医の経験が10年以上を持っていないと厳しいなど職場によって体制がバラバラであるのも問題の1つとなるでしょう。

また、たとえブランクについては解決して勤務できても、やはり復職したばかりの時には家庭の事情などもまだまだ考慮して行かなければならないでしょう。その際には、託児所ありや短時間勤務制制度などの福利厚生を充実させている職場を選んでいくことも忘れてはいけません。

その他、ブランク明けでいきなりの復職が不安であるのならば非常勤職で週に数回入ることから始めてみることも宜しいですよ。

さて、そんな健診の医師としてブランクを克服しながら復職を達成しやすい職場へキャリアアップしていくのであれば、転職エージェント等のネットサービスに無料で情報登録を行っていくことも重要です。担当してくれるエージェントさんは、ブランクに悩む女性医師の復職に積極的な医療機関やケアミックスを積極的に紹介してくれますよ。

健診の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 健診医師求人ガイド【※健康診断の採用情報】 All Rights Reserved.