健診の医師になるのに有利な診療科は?

健診医師求人TOP >> FAQ >> 健診の医師になるのに有利な診療科は?

健診の医師になるのに有利な診療科は?

社会人になれば男女問わず毎年受けることが多くなる健診ですが、日本人はそれ故に良質な健康状態を維持できていると言えます。また、その健診自体の質を維持してくれているのが医師の存在となりますが、健診医師になるについて有利な診療科とは何があるのでしょうか?

健診では身体測定や採血・検尿等の身体的な測定から、医療機器を使った各種器官の測定を行って最終的に健診医師が診断を下してくれることになります。この一連の検査過程からも明らかなように、健診は内科診療を元に作業を進めて行くことが分かるでしょう。

よって、健診医師になるのに有利な診療科医師と言うのは、一般内科若しくは総合内科などの幅広い疾病において初期診断のできる医師と言うことになるのです。また、一般的には外科系を専門医している医師に関しては内科を兼ねて診療した経験がなければ、健診医師として活動して行くのはちょっと難しくなって行くと言われています。

しかし、なぜ外科医が健診医師としては活躍が困難になって行くのかというと、外科医の仕事は基本的に患部を安全に且つ患者に負担なく切除して行くことに重点を置いているからです。

一般的な外科手術にしても、まず内科で診断検査して内科医が薬物治療では治療が難しいと判断した場合は外科医を紹介する流れになっています。したがって、外科医は特定の部位に特化して診断をすることが多くなり、トータルにおける疾病診断にはあまり向いていないと言えるでしょう。

また、各種専門内科医で消化器・循環器・呼吸器の内科の専門医師であっても一般内科医としての経験も豊富であれば、健診医師として活動するのはそれほど難しいことではありません。それでも、あらゆる疾病を見つけ出す診断力を長期的に身に着けて行かなければ、健診医師として継続的に業務を行っていくのが非常に困難になっていきます。

さらに、その他の診療科ですが小児科や老人内科などを専門にしている医師でも、健診医師として長期的に活躍できるチャンスはあると言えます。いずれにしても健診を通して診断力を少しでも診断力を高めるのが重要になるでしょう。

さて、そんな診断力の非常に高い健診の医師を目指して行くのであれば、転職エージェント等のネットサービスを最大限に活用することにしてみましょう。これらのエージェントサービスはすべて無料で利用ができることもあって、複数サービスに出来るだけ多く登録をしていけば効率よくキャリアアップができるのですよ。

健診の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 健診医師求人ガイド【※健康診断の採用情報】 All Rights Reserved.